生活保護 借金 受けられない


基本的に行政は縦割りなので素人にはわかりづらいです。

ここで重要なのは徹底的に聞きまくるということです。

何度聞いても無料ですから自分が納得するまで聞いたほうがいいですよね。
いくら悩んでも解決策が見いだせないことはよくあります。



ここは役所・無料サービスをうまく活用して問題をクリアーしていきましょう。

特に地方ですと知り合いが役所に勤めていて、同級生が偶然に電話口に出たら恥ずかしいと心配する方がいます。

そういった場合は違う役所に電話して聞けばOKです。

いちいち自分の本名・居住地域を聞かれることもないので、全国どこの役所に電話して聞いても大丈夫です。

又どこの部署かわからないとき、電話が苦手な方はメール問い合わせもありですね。


女性専用マンション購入セミナー

・頭金がなくてもマンションが買えるって本当?
・女性一人で見学・不動産会社に行くのは怖い
・マンションを買った後に結婚したらみんなどうしてるの?

・消えていく毎月の家賃がもったいない
・住宅ローンは保証人がなくても組めるの?
・マンションを買うと毎年40万円の所得税と住民税が戻ってくるって本当?

・このまま賃貸だと将来が不安
・分譲マンションの方がセキュリティが安心、シンママに最適
・派遣・契約社員でもローンは組めますか?

↓累計8万人以上の女性が参加↓ 




私なりに分類してみました。

@ 児童手当(離婚しても従来通り支給されます)

A 児童扶養手当(4万円代、子供の人数によって違う、所得制限はあるが持ち家は駄目というのはウソ)



B 医療費の補助(ママが病院にかかった場合の話、子供は元々無料です)

C 給食費・修学旅行・入学準備などの減免・補助(教育委員会の総務課)

C 生活保護の申請・受給(福祉課担当、これが一番厄介だと思います)

D 住宅支援(市営住宅の優先入居、稀に家賃補助する自治体あり

生活保護は水際作戦といってとりあえず最初はお断りするという役所が多いみたいです。



それでもしつこく通えば話を聞きましょうというスタンスが当たり前と思った方がいいです。

最初から甘い期待をすると裏切られた時のショックが大きいですからね。

ただ生活保護に関しては誤った解釈が結構横行しております。

例えば持ち家の人は家を売却しないと生活保護は貰えないという都市伝説が有りますがこれは嘘です。

もちろん大豪邸は別ですが一般的な戸建住宅・マンションンならそのままでOKです。

地域によって相場があるようですが1000-2000万ぐらいでしたら問題ないみたいですね。

自分で勝手に判断しないでとりあえずダメ元で聞く姿勢は持った方がいいと思います。

離婚も終わり一息ついた皆さん…
そういえば結婚・婚約指輪はどうされていますか?

色々な想いもあるかと思いますが、

捨てる前に、質に入れる前に
ちょっとまった!!!

|||本当は勿体無い結婚指輪の処分方法||||

53%の人がリングを捨て
21%の人が近所の質屋に売り
13%の人のタンスに眠り
8%が返却と、5%がどこに行ったか忘れています。

日本人の離婚者のうち
「11万人」の方はリングを捨ててしまっている現状があるのです。

★★結婚指輪はリングオフにまず相談★★



まずはリングオフでしっかり査定してみませんか?

<<<只今シンママ応援キャンペーン中!>>>
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
・母子家庭のお客様の買取額10%UP
・お子様向けの図書カードプレゼント

ぜひこの機会をお見逃しなく!

↓ 30日間無利息キャンペーン実施中 ↓


役所には普段あまり行く機会がないので、生活保護の申請で行くとなると
かなり緊張しますね。

 

いい方法を伝授しましょう。

 

あなたが仮に大宮在住の人なら北区・豊島区に行ったついでにそこの生活保護の担当者と話すのです、そうです予行練習ですね。

 

もちろん実名でなくても大丈夫ですし、入院中の友人の代理・老母の相談に来たというのも自然ですね。

 

30分お話して雰囲気に慣れてください、最後はよく考えて出直しますといえばそれで終わりですから簡単です。

 

これを2〜3回練習すれば聞かれる内容・相手の態度など勉強になることまちがいなしです。

 

 

事実私もこのサイト作成にあたり足立区の福祉事務所ほか2ヶ所に相談(実際は取材)に行きましたが親切に色々教えてくれました。

 

 

電話予約なしでも突然ブラっと訪れても全然OKですので絶対におすすめです。

 

一般的に高圧的ですぐ追い返すといったイメージがありますが私の体験では全然違います。

 

おそらく生活保護申請を却下して”最後におにぎり食いたい”と書き残して死んでいった九州の餓死事件が尾を引いているのではないかと思います。

 

あの事件以降生活保護の担当者はマスコミ・世論を意識するようになったのではないでしょうか。

 

 

子供がタレントで高額所得者・資産隠しの不正受給は論外ですが、本当に困って最低限の生活を希望する方は
絶対に相談に行くべきです、なぜなら憲法で保証されている日本国民の権利なんですから。

 

 

 

借金があると生活保護が受けられないという俗説

 

これは嘘です。問題になるのは生活保護を受給していてそのお金から借金の返済に当てることは
禁止されているということです、この辺りがごっちゃになってますね。

 

 

よく考えればこれは当たり前の話で、貴重な税金をあなたの生活費として渡しているわけですからアコムなどのサラ金の返済に当てるというのは筋違いということです。

 

ここで問題になるのはあなたの借金に対する向き合い方です。

 

  • 親の介護費用、離婚で借金が増え自己破産を検討中
  • パチスロに夢中になり気がついたら400万の借金、自殺も・・
  • 派遣の打ち切り、リストラで仕事がない、50過ぎたら地獄
  •  

  • 毎日アルコール漬けの生活で自暴自棄になっている
  • うつ病かも知れないが通院していない、何事にもやる気が起きない

 

 

人それぞれいろんな状況があると思いますが担当者・ケースワーカーの立場になったら一生懸命自分なりに動けるところは動いて、もうどうしようもなくなって相談にきた人のほうがより好感が持てるのではないでしょうか。

 

 

担当者といえども人間です、前向きに生きていこうと思っている人を応援したくなりませんか?

 

まともな金融会社(銀行・サラ金・クレジット会社)は生活保護を受給している人には督促・月々の返済を凍結するところが大半です。

 

受給期間中に借金問題を解決する人も多いので、早めに対応しましょう。

 

 

ネット社会は有難いことに無料で数々のサービスを受けることが出来ます。

 

ここは無料で借金相談に乗ってくれ、任意整理・自己破産・減額などあなたに最適なプランを提案してくれます。もちろん匿名でも可能です。

 

実際に役所の担当者と話すときでもここで得た知識が役に立つことは間違いありません。

 

今の状況(金銭問題・健康状態・雇用)から抜け出すためにいろいろ努力している事をさり気なくPRすることがキーポイントです。